手軽さが魅力のヒアルロン酸注入

豊胸

豊胸施術にはいくつかの種類があり、それぞれメリットや仕上がり、サイズアップできる範囲などが異なっています。複数ある豊胸施術の中で、もっとも費用が安くリスクが低いといわれているのは、ヒアルロン酸注入です。注射器のみを使用して行われる施術ですので、施術の跡が残りにくく、ダウンタイムが短いといった利点を持っています。外科手術と異なり入院費用が発生しないため、なるべく費用をかけずにバストを大きくしたい、という方に最適でしょう。この施術方法は効果の持続期間に限りがあり、一定期間経過すると、バストのサイズが元に戻っていきます。初めて豊胸施術を受ける方、試しに少しだけサイズアップしてみたいという方から、とくに選ばれている施術方法です。

効果が長く続く施術方法

豊胸手術

豊胸施術の中には、効果がほぼ永続するとされる施術も存在しています。脂肪注入による豊胸は、自身の脂肪を吸引し、バスト部分に注入するというものです。この方法で豊胸を行うと、注入した脂肪の何割かが生着するため、バストアップ効果が長く続くといわれています。シリコンバッグを使用した豊胸施術も、効果が長続きしやすいのが特徴です。挿入するシリコンバッグの種類によって効果の持続期間は異なりますが、だいたい10年程度での交換が推奨されています。

メリットを比較して選ぶ

胸

豊胸施術を受けてみたいが色々な種類があって迷っている、そんな場合にはそれぞれの施術が持つメリットについて、比較を行ってみましょう。ヒアルロン酸注入はメスを使用しない、というメリットを持っている施術です。シリコンバッグを使った施術は、一度に大幅なサイズアップが可能だという利点を持っています。脂肪注入による豊胸は脂肪吸引とワンセットですので、太ももなど気になる部分を細くしながらバストアップできるのが魅力です。

術後について比較する

バスト

豊胸施術を比較する際には、術後のことについても考えておきましょう。シリコンバッグや脂肪注入による施術を受けた場合、豊胸した箇所がレントゲンに写り込む可能性があります。ヒアルロン酸注入はレントゲンに写らず、破損するリスクもありません。絶対に人に知られたくない、という場合には気づかれにくいヒアルロン酸注入が良いといえます。ただしこの方法は効果の持続期間が短いため、バストアップした状態を維持するためには定期的に再施術を受ける必要があるでしょう。施術の種類によって仕上がりや、術後のケア方法なども異なってきます。それぞれの特徴を良く比較して、自分に合った施術を選びましょう。

広告募集中